マイホームと、一生賃貸のどちらにするか

賃貸と言うもの契約なのです。土地、建物の賃貸契約は実はかなり借り手が有利になっているのです。

マイホームと、一生賃貸のどちらにするか

賃貸というものは契約なのです

マイホームと、一生賃貸のどちらにするか
賃貸というものは、民法上の契約の一種です。貸し借り、ということなのですが、その一つが建物、土地です。この賃貸の場合は借地借家法という法律によって規定されている契約になります。この法律ですが、改正されているのですが、基本的には借り手が有利です。そもそも建物、土地の契約というものは、どうしても貸し手が有利になります。普通はお金を出すほうが有利になるのですが、不動産に関してはそうでもないのです。むしろ、貸し手が一方的に強い交渉力を持っていることがあります。それが現実問題としてありますので、この法律で借り手をかなり保護しています。借りるまではそうでもないのですが、借りてしまったら、かなり借り手が有利になって様々な点で優遇されます。

ですから、貸し手は出来るだけ信頼できる誠実な人に貸したいと思っているわけです。契約自体は対等ではありますが、そもそもの権利に差があるからです。そのため、物件を借りるときに知人、友人、親戚に紹介をしてもらう、というのが有効的なわけです。相手が保証してくれるからです。貸し手もかなり安心して貸すことができます。借り手が有利だからこそ、貸し手が借り手を厳選するわけです。信頼を高めて、借りられるようにすることが重要です。