マイホームと、一生賃貸のどちらにするか

賃貸契約というのは、一人では出来ないことが多いです。大抵は、どうしても保証人が必要になるからです。

マイホームと、一生賃貸のどちらにするか

賃貸契約は一人では出来ない

マイホームと、一生賃貸のどちらにするか
賃貸契約というのは、どうしても一人ではできないものです。基本的に契約というのは、対等であり、個人個人の間で結ばれるのです。それが法人格であることもありますし、単純に一人の人間であることもあります。とにかく契約というものは、お互いに決めて、お互いの責任の上で行うものではあるのですが、一人では出来ないこともあります。その一つが賃貸契約です。貸し手と借り手の契約ではあるのですが、保証人というものが必要になるからです。この保証人制度に関してそもそもなくすべきである、という論調もあるのですが、現在、現実問題としてあるわけですから、今のところはそれに従う必要があります。簡単に言えば、契約者に何かがあって、問題を起こした場合、その責任を取ってもらう、ということです。賃貸契約の場合は家賃の滞りが最も大きな問題であり、保証してもらうところになります。

貸し手としてはとにかく家賃はしっかりと払ってほしいのです。ですから、保証人をつけてもらって、最悪の状態になってもそこから回収しようとする訳です。ですから、賃貸契約は一人ではできないのです。保証人を用意する必要があるからです。普通は親とか兄弟、極めて親しい知人にお願いするものです。

関連サイト