マイホームと、一生賃貸のどちらにするか

未成年者が賃貸契約をするためには、確実に法定代理人の同意が必要になります。これが基本になります。

マイホームと、一生賃貸のどちらにするか

未成年者が賃貸契約をするためには

マイホームと、一生賃貸のどちらにするか
意外と知られていないことなのですが、未成年者というものは原則的に契約をするのに法定代理人の同意が必要になります。契約というのは、譲渡や商行為など様々ですが、要するに約束事、ということです。しかし、未成年といってもかなり幅が広く、十九歳も未成年です。ですから、そのくらいの歳になれば、契約は自由に出来ると勘違いしている人がいます。特に困ることになるのが賃貸契約です。要するに部屋を借りる、ということなのですが、これが十九歳でも法定代理人の許可が必要になります。そうしないと後から一方的に破棄されてしまう可能性がありますから、貸し手としては必ず同意書の提出を求めてきます。どうして未成年者が契約できないのか、といいますと破棄できるからです。正確に言えば、契約はできるのです。しかし、破棄できる権利があるから、貸し手は嫌がるわけです。

しかし、保護者の同意があれば、まったく問題なく契約は成立します。賃貸契約というのは、意外と未成年者でも行う可能性があるものです。高校を卒業したら、就職する人だっているわけです。そのときに契約には法定代理人の許可が必要であることを知らずに困ることがあります。どうにもできないことですから、素直に法定代理人にお願いすることです。

関連サイト