マイホームと、一生賃貸のどちらにするか

賃貸契約で大事になるのは、自分の収入と保証人であり、この二つがないと契約は厳しいものになります。

マイホームと、一生賃貸のどちらにするか

賃貸契約で大事なのは収入と保証人

マイホームと、一生賃貸のどちらにするか
賃貸物件を借りるには、二つのものが必須となります。それは収入と保証人です。まず、収入ですが、言うまでもなく、自分がどのくらい稼いでいるのか、ということです。一度に稼いだものではなく、安定した収入であることのほうが信用度は高くなります。もう一つは保証人です。保証人というのは借り手に何かがあれば、その責任を負ってくれる、という人です。ほぼ無条件で責任を負うことになりますから、実はかなりリスクがあります。ですから、なってくれる人を探すのがとても大変なのです。普通は親とか兄弟にお願いするものです。知人でもいいですし、上司でもいいです。保証会社という手もあります。但し、これにはお金がかかりますから、それはよく確認しておくことです。賃貸物件を借りる、ということはこのくらい大変なことであるとよく覚えておいて、日ごろからの行いを正すことです。要するに信頼してもらえる人物になることです。

ちなみに保証人がほぼ必要なるわけですが、別に法律で規定されているわけではなく、貸し手が求めてくるだけです。保証人ではなく、保証金を積むことによって、その代わりとしているところもあります。そのあたりは貸し手次第であるといえます。