マイホームと、一生賃貸のどちらにするか

賃貸物件の経営をしていて困るのは、賃下げ要求などをされた場合、話がこじれると裁判になってしまうことです。

マイホームと、一生賃貸のどちらにするか

賃貸物件のしhん下げ要求

マイホームと、一生賃貸のどちらにするか
わたしは学生向けのアパート経営をしているのですが、最近、ある学生さんのアパートの更新が間近になり、アパートの更新はどうするかという書面を送ったところ、更新はするが家賃を下げてほしいとの旨の文書が届きました。それは無理だと断ると、近隣のアパートの家賃に比べてうちのアパートは家賃が高すぎるというのが主な理由だそうでした。

アパートの借主が家賃を下げるように請求する、請求権は、借家借地法32条に規定されているのです。その条件を満たしていれば、わたしたち大家側の賃上げ請求もできますし、逆に、借主である住人たちの値下げ請求も法的に正当な権利としてあるのです。

その条件というのは、土地や建物に対する、固定資産税、都市計画税などや、管理費などの増減、土地や建物の評価額の増減、その他経済状況の変動、近隣の同程度の賃貸物件の家賃の比較などにより、現在の家賃が適正な価格ではなくなったことが条件になっているのです。たしかにうちのアパートは周りのアパートよりは家賃は高めですが、それはその分新しく、広いので、これは適正価格ではないとは言えないと判断したため、賃下げ要求には応じませんでした。今回は納得してもらえましたが、話がこじれると裁判まで持ち込まれる可能性もあるので、アパート経営もなかなか大変です。