マイホームと、一生賃貸のどちらにするか

マンスリーマンションは契約期間がひと月の賃貸で、貸し主と直接契約の場合も多く重要事項説明が無い場合があります。

マイホームと、一生賃貸のどちらにするか

マンスリーマンションは契約サイクルがひと月と短い賃貸です

マイホームと、一生賃貸のどちらにするか
賃貸も今では多岐に渡った物件が存在しますが、マンスリーマンションもその一角を担っています。このマンスリーマンションと呼ばれる賃貸は、一般的な二年単位の契約の賃貸とは違い、契約単位がひと月と、短いサイクルの賃貸を指します。その特色は契約期間の短さの他、椅子や机、それに寝具の家具や生活に必要な家電類も完備されている賃貸が多く存在します。ですので契約をして入居すれば、その瞬間から手ぶらでもとりあえず生活が始められるようになっています。基本的に短いサイクルですので、敷金や礼金が不要なことも多いと言えます。

全てではありあせんが、定期借家契約にてマンスリーマンションが運営されている場合もあります。そして賃貸でも契約の時は、仲介の場合、不動産業者から重要事項説明がお決まりのようにあります。しかしマンスリーマンションにおいては、不動産業者が直接運営して貸し主としている場合が一般的で、それにより重要事項説明が入らない場合もあります。これは法により定められたもので、貸し主との直接契約では、重要事項説明を義務とされないことに基づきます。利用目的も人それぞれですが、長期の出張でホテルの代わりに活用するなどが一例として挙げられます。