マイホームと、一生賃貸のどちらにするか

今時のペット飼育を謳っている賃貸物件では、ルールを平気で破る不届き者が多いという事実を記述しました。

マイホームと、一生賃貸のどちらにするか

今時のペット飼育禁止の賃貸物件でよく見られる実情。

マイホームと、一生賃貸のどちらにするか
賃貸物件選びをする際には、単に室内の状態の良し悪しだけでなく「そこに暮らしている住人の質」というのも、最大限考慮に入れておく必要があります。例えば多くの集合住宅は当然の事ながら「ペット飼育禁止」が常識ですが、近頃はペット飼育が禁止されている物件であっても、結構堂々と犬や猫を室内で飼っている大変不届き者な住人も増えていますので、ペットが大嫌いと仰る人は安易に「この物件はペット飼育が禁止されているから大丈夫」とは、決して言い切れない由々しき状況になりつつあります。

かく言う僕自身も、犬猫の独特な臭いがどうしても駄目だったりするので、現在暮らしている賃貸マンションを見つけるまでは、真の意味で厳密にペット飼育禁止が守られている物件を絞り込むのに、相当な苦労を要してしまいました。当然実際に下見に行く部屋を選定する段階で、ペット飼育禁止の物件のみに絞り込んではいるのですが、実際に現地まで足を運んでみると、階段や廊下の端に明らかに犬猫がしたと思われる糞が転がっていたりするので、この物件はルールを守らずにペットを隠れて飼っている住人が確実にいるなと、ガッカリさせられる訳です。個人的な経験上あまりに入居者数が多過ぎる集合住宅は、ペット飼育禁止のルールがナアナアになりやすい傾向にあると思うので、犬猫嫌いの方は契約を避けた方が無難だと思います。

関連サイト