マイホームと、一生賃貸のどちらにするか

賃貸物件への引っ越しまでにやっておくべきことと、引っ越してからすることを、事前にまとめておきます。

マイホームと、一生賃貸のどちらにするか

賃貸別件への引っ越しまでにすることと当日すること

マイホームと、一生賃貸のどちらにするか
新居が決まったら、引っ越しの準備に取り掛かります。賃貸物件への生活の期待はあるものの、穏やかな日常になるまでには、引っ越しの慌ただしさは乗り切らなければなりません。引越しの前日までに行うこと、引っ越しの当日にすることをまとめてみます。ご近所との付き合いがあれば、引っ越し前日までに挨拶をしておきます。荷物の梱包も前日には終わらせますが、ほうきやチリトリなど、掃除用具やごみ袋は、梱包荷物に入れずに、引っ越し当日にも使えるようにしておくといいでしょう。今まで住んだ部屋を掃除をして、部屋の周りもサッと掃除しておきます。引っ越し当日は、引っ越し業者の方たちにも、キチンと挨拶をして、コーヒーやジュースなど渡したり、心使いを持つといいです。

新しい賃貸住居へ搬入の際には、近くに住む大家さんや、近隣に挨拶しておきます。大きな荷物運びでエレベーターを使用する場合には、住民の方の迷惑にならないよう配慮をします。荷物を運び入れたら、損傷はないか、荷物はすべて入ったか、個数の確認もします。引越し業者に、引っ越し費用の清算をします。周囲への引っ越しのあいさつをしてまわるのも、笑顔でいきましょう。ガスや電気、水道などは、事前に開始日を伝えておいて、引っ越し当日から利用開始できるようにしておきます。