マイホームと、一生賃貸のどちらにするか

最近多く見られる土地活用の方法の一つに、家賃保証をしている業者に賃貸物件の建築を依頼するという方法があります。

マイホームと、一生賃貸のどちらにするか

最近人気がある賃貸経営の方法

マイホームと、一生賃貸のどちらにするか
最近は、アパートや賃貸マンションなどを建ててオーナーとなり、収入を得ようという人が多くなっています。賃貸物件を多く建てている業者などに相談すると、その土地にどのような広さの、どんな規模の賃貸物件を建てればよいかを教えてもらうことができます。土地活用について、積極的に相談に応じる業者が増えたことも、賃貸物件による土地活用が増えた要因の一つとなっています。狭い土地でも建築可能なアパートなどを紹介することで、家の建て替えなどの時に、隣に賃貸物件を建てるというケースなども増えています。

賃貸物件を建てた後は、入居者を募集する必要があります。入居者がいなければ、家賃収入は得られません。一般的には、不動産業者に仲介を依頼して、入居者を募集します。しかし、最近では、もっと確実に家賃収入を得られる方法も多く利用されています。それが、家賃保証をする業者に賃貸物件を建ててもらうという方法です。このような業者では、建物が完成後、一定期間、家賃の保証をしています。空き室などに関係なく決まった金額の家賃保証を得ることができます。保証額は、普通に入居者を募集して得られる金額よりは少なくなる可能性があります。しかし、空き室を抱えて悩む必要がないということがメリットとなっています。

関連サイト