マイホームと、一生賃貸のどちらにするか

賃貸マンションの入居審査には、収入、職業もありますが、入居者の人物も審査の対象となります。

マイホームと、一生賃貸のどちらにするか

賃貸マンションの入居審査

マイホームと、一生賃貸のどちらにするか
引越し、一人暮らしなどで賃貸マンションに入居したい時、誰でもマンションを借りれる訳ではありません。賃貸マンションを借りるには、入居の事前審査に通らなくてはなりません。その入居審査にはいくつか審査項目があります。

審査項目で一番重要なのが収入です。大家、不動産業者としては入居者に安定的な収入があってこそ、初めて家賃の保証があるのです。そして、就職先とその雇用状況です。正社員か、契約社員かアルバイトかも審査項目となります。そして、入居者が家賃を支払えなくなったり、逃げてしまった時に家賃を支払ってくれる保証人が必要です。その保証人の職業も審査になるのです。反社会的な人も審査が通らない可能性もあります。

そして、案外知られていないのが人物、その人の見た目です。隣の人、上下階の人と問題を起こされて、隣人が引っ越してしまっても大家さんにとっては損失となります。おとなしくしてもらうのが一番なのです。ですので、見た目ガラの悪いような人は少し敬遠される可能性があります。職業でも水商売、建築業など、収入は多いが、安定しないなども審査は通らないケースもあるのです。保証人も含めて、保証会社を利用すると審査が通るケースもあるので、事前に調べておくことをお勧めします。