マイホームと、一生賃貸のどちらにするか

賃貸マンションを借りる際の連帯保証人がいなくても借りられるのが保証人大興会社を利用するケースです。

マイホームと、一生賃貸のどちらにするか

保証人不要な賃貸物件とは

マイホームと、一生賃貸のどちらにするか
賃貸マンション、アパートに入居する時には事前に入居審査を受けなくてはいけません。入居審査には、収入、職業、保証人、入居者の人物などいろんな項目があります。その中で一番重要なのが収入、保証人です。収入は家賃が支払いができるかの判断基準になります。そして、保証人は何かあったときの保険なのです。

保証人は、入居者が家賃を払えなくなったときに支払ってもらいます。入居者との関係、職業が問われます。また、入居者が退出した時に、原状回復費用など入居者が支払うお金を支払うことができない時に基本的に代行するのが保証人なのです。しかし、誰しもしっかりした保証人が用意できません。保証人がいなくても借りることができる方法があります。それが保証人代行会社を利用できる条件は、その会社によって異なります。不動産会社が紹介してくれるケースもありますので問い合わせてみるのもいいでしょう。外国人でも利用できます。ただし、身分が特定できない方や重犯罪者は利用できません。

入居者と不動産会社の中に入り、家賃の保証を行なうのが保証人代行会社です。入居者は手数料プラス家賃を保証人代行会社へ支払います。代行会社は家賃分を不動産会社へ支払うのです。

関連サイト