マイホームと、一生賃貸のどちらにするか

敷金ルール改正によりグレーゾーンが改められて、貸し主、借り主共に安心して賃貸契約が結べるようになりそうです。

マイホームと、一生賃貸のどちらにするか

賃貸住宅の敷金ルール改正によるメリット

マイホームと、一生賃貸のどちらにするか
ついに日本の賃貸不動産における敷金ルールが改正されることになりそうです。これまで敷金については貸し主の一方的な主張によって全く返金されないケースが多々ありましたが、これによって退去時に借り主とトラブルになることがよくあります。なんと言ってもグレーな存在ですので、どうしても価値観や考え方の違いで衝突してしまうのはやむを得ないところです。この点が解消されることで余計なトラブルを避けられますし、貸し主、借り主共に安心して取り引きすることができるのではないでしょうか。

もっとも期待しているのは原状回復義務についてでして、通常の使用による損耗や経年変化は含まないと定義される点です。つまりよっぽどのことが無ければ敷金は返ってくると考えて良くなるわけでして、こちらは借り主の方にとって有り難い話になります。逆に賃料の滞納があった場合は敷金から差し引くことも出来るなど、貸し主にとっても良い点がありそうです。

まぁ、何でも法制化されれば良いと言う話ではないのかもしれませんが、たっぷり時間を変えて問題提起されてきたことですし、改善という意味で前向きに捉えられる話なのではないでしょうか。今後部屋を借りる際は、これまでより安心して借りることができそうです。

関連サイト