マイホームと、一生賃貸のどちらにするか

期間が限定されている定期借家付きの賃貸物件ならば、立派な部屋に安い価格で入る事が可能です。

マイホームと、一生賃貸のどちらにするか

定期借家で借りられる賃貸物件

マイホームと、一生賃貸のどちらにするか
高い賃料を支払えば、それだけ立派な設備のついた賃貸物件に入居しやすくなります。しかし、出来れば家賃はあまり掛けたくないというのが本音だと思います。そういう人に向いているのが、定期借家物件です。この物件は、貸主の都合上、賃貸借契約の契約期間が決められています。つまり、借主が好きなだけ更新して住むことは出来ないという事です。例えば、契約期間に半年と書いてあれば、半年(6ヶ月)で退居しなければなりません。半年で契約は満了、という事です。ただ、例外として借主、貸主の合意がある場合には契約期間を延長する事も可能です。

入居期間が予め決められることにより、通常の賃貸物件よりも安い家賃で入居出来るのがメリットです。もともとこの定期借家物件は、借主が契約満了になっても退居しないという事態を防ぐ為に作られたものですたが、最近では事情が変わり、リロケーションなど、海外転勤や介護等で家を一定期間留守にする人が利用するケースが増えています。留守中の家は空き巣も入りやすく、傷む速度も速いです。なので、留守期間の有効活用として注目されています。形態としては、分譲マンションや戸建ての物件が多く、設備が立派な事も多く、狙い目の物件です。

関連サイト