マイホームと、一生賃貸のどちらにするか

一人暮らしならば、5万円以下の家賃の賃貸物件が望ましいです。外装ではなく内装に注目すると穴場物件もあります

マイホームと、一生賃貸のどちらにするか

5万円以下で入居できる賃貸探し

マイホームと、一生賃貸のどちらにするか
社会人一年生や学生が初めて一人暮らしをするときには、家賃は出来るだけ抑えて暮らしたいものです。毎月の家賃が5万円以下という物件も中にはあります。新社会人で5万円以下の家賃ならば、生活費・貯蓄・趣味、等にも十分なお金が回せます。しかし、都内の賃貸物件ともなると5万円以下の所はほとんどないのでは、と思われるかもしれませんが、条件によっては見つかります。首都圏の平均初期費用は、家賃×6ヶ月分が相場と言われています。これはつまり、家賃が安ければ敷金・礼金・仲介手数料等も抑える効果が期待出来るという事です

狙い目なのは、最近内装をリフォームしたという条件のついた物件です。こういう物件ならば、建物の見た目はあまり良くないかもしれませんが、内装は綺麗です。なので、目に見える範囲の外観の情報だけで判断してしまわずに、クチコミや地元の不動産会社の情報を細かくチェックしてみると良いです。良さそうだと判断したら、内装の見た目だけではなく、構造や水道管等に問題がないかをチェックします。あと削れる所と言えば、引越し費用です。引越し費用は定価がないので、見積もり次第で業者ごとに価格に違いが出てきます。単身パックや学生割引等を利用すれば、さらに安く出来る可能性もあります。