マイホームと、一生賃貸のどちらにするか

即入居可の賃貸ならば、1週間程度で契約が完了出来ます。急な転勤等の場合にはスピード感が役立ちます。

マイホームと、一生賃貸のどちらにするか

スピード重視の賃貸探し

マイホームと、一生賃貸のどちらにするか
転勤辞令がギリギリの時期になって出る、という職業もあります。サラリーマンではしょうがない事ですが、社員寮や社宅がない場合、引越しと同時に部屋探しを行わなければいけません。引越し業者の中には、不動産会社と提携している所もあり、その場合は引越し+部屋探しをして貰えます。急な転勤等でスピードを重視して部屋を探すときには、賃貸でも即入居可の物件に当たりを付けて探した方が良いです。即入居可の物件は、入居審査〜契約が3日?7日(1週間)で完了する物件です。普通の入居審査だと、1ヶ月待っても審査結果の知らせがないという事もありますから、これはかなりスピード感があります。

もちろん即入居可と言っても、行ってすぐに入居出来るわけではありませんから、準備が必要です。必要になるものは、住民票と印鑑証明書等の書類です。一日でも早く契約したいのならば、部屋を見せてもらう時にこれらの物を持参していくとスムーズです。また、即入居物件の利点は、確実に内覧出来るという事です。入居者がいないから即入居物件になっているので、確実に中を見せてもらえます。すぐに入るというのならば、水やガス、電気等の契約についても確かめておくようにしましょう。

関連サイト